放射線腫瘍学教室のご案内 ご挨拶

研修医・学生のみなさんへ

高齢者のがんが増え,侵襲の少ない放射線治療の重要性は高まっています.がん対策基本法においても放射線治療は推進が期待されています.そんな放射線治療の専門家になりませんか!!

放射線腫瘍学とは放射線治療を通して腫瘍を知る学問です.日常の臨床では目の前の患者さんに最適な治療は何なのか?放射線治療をどう活かせるのかを追求します.そのためには放射線治療に限らず,腫瘍診断学,内科および外科の臨床腫瘍学,緩和ケア,終末期医療などの幅広い知識と経験が必要になります.これらの知識を包括的に学び,習得するのが放射線腫瘍学です.

杏林大学の放射線腫瘍学教室では,臨床経験を通して高い倫理性を有し国際的にも活躍できる放射線腫瘍医を育成したいと考えています.そのためには放射線生物学や物理学などの基礎医学の深い知識を身につけ,臨床の現場では患者の視点に立ち,他の医療者と協力し合える,学問と人間性のバランスのとれた専門医に育成したいと考えています.

また,現在の放射線治療は多岐に渡るため,当院では経験できない特殊な治療があります.特殊な小線源治療や粒子線治療などが該当しますが,これらに関しては他施設での研修(勤務)も可能です.

以上のように,最前の放射線治療を理解し,患者さんに提供できる知識と経験を積めるよう配慮します.また,臨床研修をしながら,海外を含む学会活動や論文の作成を支援し,学位取得を推進します.

興味のある方はどうぞお気軽にご相談ください.