放射線腫瘍学教室のご案内 ご挨拶

ご挨拶

放射線腫瘍学とは放射線治療を中心としたがん(悪性腫瘍)治療を研究・追及する学問です。

近年我が国でのがん患者は増加し、死因の第一位となっています。放射線治療は手術、化学療法と並んでがん治療の三本柱の一つであります。放射線治療は機能や形態を温存し、また侵襲の少ないなどの観点から近年注目をされるようになってきました。

対象疾患は脳神経領域、頭頸部領域、胸部、乳腺、婦人科領域、泌尿器科領域などの広範囲に及びます。

最新の放射線治療機器(リニアック)や放射線治療計画装置を用い、各種の照射法を行っています。定位放射線治療や強度変調照射(IMRT)などの三次元照射に代表されるように近年の放射線治療の進歩は著しく、手術に匹敵する治療成績が報告されています。さらに密封小線源治療なども併用し、がんに対する放射線治療効果の向上を目指しています。

しかし、放射線治療に携わる医師、放射線治療医が極めて少く、放射線治療専門医・認定医は全国で1000人未満であり、対象患者さんに比較して全国的に不足しているのが現況であります。今後放射線治療に対する需要はさらに増加するものと考えられ、放射線治療医の育成、および増加は重要であり、これからの課題です。