放射線医学教室のご案内 医学教室の1日

放射線医学教室(診断部)医師のある一日

7:30頃

家を出る

自宅から病院までは自転車で通勤。20分程の通勤コースには、街路樹や公園など緑が溢れ、気持ちの良い一日が始まります。

8:00頃

出勤・カンファレンス

病院に到着し着替えます。医局カンファレンスでは、症例や疑問点をテーマに皆で意見交換するなどチーム内で情報を共有します。曜日ごとに他科のカンファレンスに招かれて、画像診断結果についての解説を行うこともあります。

9:00

読影

主な業務は読影室での読影業務です。1日20~25件程度の数をこなします。個人の作業机で黙々とこなす事が多いですが、分からない点があれば同室にいる仲間に相談したり、専門の先生に指導を仰いだりといった協力しやすい環境です。急患の指示出しなども行います。

12:00頃

お昼休憩

食堂や近隣のレストランで仲間とランチタイム。皆で一緒に食事をとることで、連帯感を深めています。忙しい日には休憩室でお弁当を食べながら、午後に予定している検査やその手技の予習を行ったりします。

13:00頃

血管造影検査

血管造影検査が予定されている日は、検査室での業務を行います。検査室には読影室と同様の設備があります。基本的には1人で行いますが、専門の先生に相談することも。

15:00頃

読影

再び読影室での読影業務に没頭します。画像を注視しながら業務に集中し続けるのは限度があるので、適度に休憩をはさみながら行っています。

18:00頃

事務処理

自分が読影した症例の結果をチェックしたり、翌日の検査の予習をします。また、医局の行事に必要な準備などもこの時間に行います。

19:00

退勤

その日の業務をやり切ったら自由に帰宅します。仕事の進捗やプライベートの予定に合わせて、各自で柔軟な調節が可能です。家に帰っての何よりの楽しみは、愛する家族との食事の時間!


渡辺先生にうかがいました

診断部を選んだ理由と、その魅力を教えてください――

各科の医師と密に連携しながら、画像診断を中心に素早く正確な診断によって最良の治療へと結びつけるのが私達の仕事です。近年の医療では、この画像診断の重要度が非常に高まっています。

治療の根幹をなす画像診断を専門的に学びたかったという点、そして「Doctor’s Doctor」と呼ばれるように、あらゆる科の先生に相談を受け治療方針をアドバイスしながら、多様な症例に触れられる「ならでは」の環境に惹かれて入局しました。

ここでは、千に一つ・万に一つと言われる症例を目の当たりにすることも多く、日々の業務の中でのそうした発見が良い刺激になっています。私の場合1日に見る診断画像は20~25件程度ですが、特にノルマ等が定められているわけではないので、数よりも1つひとつの質を優先してじっくりと診断画像と向き合っています。

また、当直や緊急の呼び出しなどもほとんどなく、患者さん対応に左右されずに仕事時間のコントロールができるのも大きな特長です。休日面でも他の科に比べて恵まれているので、仕事終わりや休日に趣味をもって生き生きと頑張っている方が多い印象ですね。

今後の目標は何ですか?――

診断部の仕事は、患者さんと直接触れ合うわけではありません。しかし、画像診断を通して、患者さんだけでなく多くの医師をサポートできる唯一無二の存在です。この仕事を通じて、「ずっと人を見ていきたい。支えていきたい」という想いがあります。

その為にもまずは専門医の資格をとって、診断のプロを目指しています。そして将来は、臨床を重視した放射線科医になりたいです。画像診断は、まさに百聞は一見に如かずの世界なので、とにかく数をこなしていきたいと思っています。医学書等での勉強ももちろん大切ですが、実際に自分の眼で見た経験は嘘をつきませんし、確実に糧となりますから。

入局を考えている方へのメッセージ

診断部は患者さん対応ありきではなく、どちらかというと研究者的な側面が強い所だと思います。その中で、ルーチンや計画を自分でしっかりと決めつつ、でもある程度はフレキシブルに仕事をして自分の時間も確保したい……そういう方が活躍しやすい環境です。

また私のように、体力にあまり自信の無い方や、何より家族と一緒に過ごす時間を大切にしたい方はぜひ診断部を検討してみてください。医師という仕事をしながら家庭と仕事をバランス良く両立できる、稀有な職場だと思いますよ。